安田研セミナーの次回予告

 安田研セミナーの再開にあたって

 皆さまにおかれましては緊急事態宣言の再発令で、時差登校やオンライン授業等で様々なことの対応に追われる日々をお過ごしのことと存じます。 昨年は直前で開催ができなくなりご迷惑をおかけした中学入試セミナーですが、今年度はオンラインで開催することにいたしました。つきましては、オンラインによる相談会を数多く実施している株式会社リンクに運営と事務局を委託する方式をとらせて頂きます。

                            2021年1月吉日
                     安田教育研究所   安田 理

--------------------------------------------------------------

=第96回= 安田研 中学入試セミナー

入試を軸に私学の『現在地』と『未来地』を考える

 □ 主 な 内 容

≪第1部≫2021年度中学入試分析から何を読むか 
 〇コロナ不況にもかかわらず私学離れが起きなかったのはなぜか?
 〇保護者の学校選択はどう変わったか?
 〇コロナ禍で注目を集めた学校はどこか?それはどうしてか? etc.

≪第2部≫大変革の時代、学校はどうしたら存続できるのか?
 〇「2025年の大学入試を展望する」
 〇「時代」「保護者の価値観」はどう変わる?
 〇『未来地』に求められる私学とは? etc.

講 師:池田 亨 さん (〈株〉エデュケーショナルネットワーク データ課課長)
講 師:安田 賢治 さん (〈株〉大学通信 常務取締役)
講 師:鳥居 りんこ さん (教育アドバイザー)
講 師:安田  理 (安田教育研究所 代表)

 □ 実 施 概 要

主 催:安田教育研究所
事務局:安田研セミナー事務局 [株式会社リンク内] (横浜市都筑区茅ケ崎中央8-33-3F/TEL:045-948-4001/FAX:045-948-4002) )
日 時: 2021年3月5日(金) 17:00 〜 19:00
開催方法:「Zoom ウェビナー」でのライブ配信(アーカイブ配信なし、
          PDFにて資料ご提供)

定 員:300名(お申し込み先着順になります)
申込方法:下記、特設サイトよりお申し込みをお願い致します
            https://shingaku-soudan.com/events/20210305yasuda/

申込締切:2021年3月1日(月)
参加費用:《5,500円(税込み)》
振込期限:2021年3月1日(月)
お振込先:《5,500円(税込み)》 三菱UFJ銀行 港北ニュータウン支店 
(普)0222148 株式会社リンク

お問合せ: ☆内容について/安田教育研究所 ・TEL:090-8038-3703 
・MAIL:http://www.yasudaken.com/postmail/postmail.html 

☆お申込み・参加費用等について/安田研セミナー事務局 [株式会社リンク内] ・TEL:045-948-4001 ・MAIL:info@shingaku-soudan.com 


   ■セミナー主催活動履歴    
  =第95回=  2020年3月6日 
   2020年度中学入試から何を読むか 激動の時代、私学はどうあったらいいのか

  =第94回=  2019年11月8日 
   来年度入試で何が変わるのか

  =第93回=  2019年7月19日 
  AI全盛時代の私学教育を考える

  =第92回=  2019年4月26日 
  来年度の高校募集に何が必要か

  =第91回=  2019年3月1日 
  2019年度中学入試から何を読むか 激動の時代、私学はどうあったらいいのか

  =第90回=  2018年11月2日 
  来年度入試で何が起こるのか

  =第89回=  2018年6月7日 
  なぜ強い「組織」になれたのか−女子教育にこだわる鴎友学園−

  =第88回=  2018年4月27日 
  無償化と新テストで何が変わったか

  =第87回=  2018年3月2日 
  2018年度中学入試から何を読むか 激動の時代、私学はどうあったらいいのか

  =第86回=  2017年11月9日 
  どんな学校が受験生を増やしているか

  =第85回=  2017年6月29日 
  第4次産業革命期を生きる生徒への英語教育、プログラミング教育

  =第84回=  2017年4月28日 
  来年度の高校募集に何が必要か

  =第83回=  2017年3月3日 
  2017 年中学入試から私学の在り方を考える

  =第82回= 2016年11月4日 
  決定版入試情報 どんな学校が受験生を集めているか

  =第81回= 2016年9月23日 
  コンピテンシー教育×英語学習を中心に これからの私学教育を考える

  =第80回= 2016年4月28日 
  これからの高校募集に何が必要か

  =第79回= 2016年3月4日 
  2016年中学入試から私学の今後を考える

  =第78回= 2015年12月4日 
  生徒の英語力はどうしたら伸びるのか

  =第77回= 2015年11月6日 
  決定版入試情報 都立高校の入試改革で何が起こるのか

  =第76回= 2015年10月2日 
   中学入試問題 『過去問』編集者の考察

  =第75回= 2015年7月2日 
   「少子化時代に成長する学校を創る」〜ブルーオーシャン戦略演習〜

  =第74回= 2015年4月24日 
   いま高校募集に何が起こっているのか

  =第73回= 2015年3月6日 
   2015年中学入試から私学の今後を考える

  =第72回= 2014年11月31日 
   グローバル時代、生徒をどう育てるか!?

  =第71回= 2014年10月31日 
   決定版入試情報 高校入試の変更点と募集のポイント

  =第70回= 2014年10月3日 
   出題ミスはどうして起こるのか!?

  =第68回= 2014年3月6日 
   2014年中学入試から私学の今後を考える

  =第67回= 2013年11月7日 
   学校はどうしたら変われるのか・・・

  =第66回= 2013年11月1日 
   高校入試の変更点と募集のポイント

  =第65回= 2013年4月26日 
   いま高校入試で起こっている変化は何か

  =第64回= 2013年3月8日 
   2013年中学入試から私学の今後を考える

  =第63回= 2012年11月2日 
   高校入試、変更点のまとめと募集のポイント

  =第62回= 2012年4月20日 
   受験生の気持ちをつかんだ私学はどこか

  =第61回= 2012年3月2日 
   激変する中学受験に私学はどう対応するか?

  =第60回= 2011年10月27日 
   高校入試、来春どんな変化が起こるのか

  =第59回= 2011年7月7日 
   保護者の変化に、学校はどう向き合うか

  =第58回= 2011年6月16日 
   自立した女性を育てる学校教育

  =第57回= 2011年4月22日 
   今春の受験生はどう動いたか 今後どうなるのか

  =第56回= 2011年3月10日 
   新時代に入った中学入試とこれからの私学

  =第55回= 2010年 
   来春入試、どこが変わり何が起こるのか

  =第54回= 2010年 
   淡路雅夫先生が語る『思春期の男の子の育て方』

  =第53回= 2010年 
   前校長・高野先生が語る『開智が0から埼玉有数の私学になった秘密』

  =第52回= 2010年 
   高校入試詳細分析 環境の変化に受験生はどう動いたか

  =第51回= 2010年 
   不況下でも集まった理由はどこにあるのか?

  =第50回= 2009年 
   来春入試、どんな変動が起こるのか

  =第49回= 2009年 
   受験生の流れをつかんだ学校はどこか

  =第48回= 2009年 
   編集長と安田が語る2009年入試と私立中学の今後

  =第47回= 2008年 
   平成21年度高校入試情報高校入試 来春のポイントは何か

  =第46回= 2008年 
   私立学校のこれからを考える本郷はなぜここまで躍進できたのか

  =第45回= 2008年 
   高校入試詳細分析 受験生は高校に何を期待したか

  =第44回= 2008年 
   2008年入試分析と私立中学へのアドバイス

  =第43回= 2007年 
   高校募集のポイントは何か‥入試変更点から探る

  =第42回= 2007年 
   07年の3つの「なぜ?」を探る!

  =第41回= 2007年 
   第2ステージを迎えた公立中高一貫校

  =第40回= 2007年 
   受験生を多く集めたのはどんな高校か

  =第39回= 2007年 
   2007年入試分析と私立中学へのアドバイス

  =第38回= 2006年 
   平成19年度高校入試情報来春の目玉は何か? 変更点総まとめ

  =第37回= 2006年 
   公立中高一貫校 応募者増大で起こること

  =第36回= 2006年 
   なぜ鴎友学園は人材が育つのか

  =第35回= 2006年 
   わが家は学校の「ここ」を見て選んだ

  =第34回= 2006年 
   応募者が増えた理由、減った理由

  =第33回= 2006年 
   06年「偏差値50以下」の入試はこう行われた

  =第32回= 2005年 
   「偏差値50以下」の入試はどう動くか?

  =第31回= 2005年 
   来春高校入試「変更点」まとめ

  =第30回= 2005年 
   公立中高一貫校開設ラッシュと私学の「戦略」

  =第29回= 2005年 
   鴎友学園の「現在」「過去」「未来」

  =第28回= 2005年 
   中学入試 わが家の学校選択「ここ」がポイント

  =第27回= 2005年 
   高校入試 どんな募集策が実を結んだか?

  =第26回= 2004年 
   2005年「偏差値50以下」の入試はどう動いたか?

  =第25回= 2004年 
   2005年「偏差値50以下」の入試はどう動いているか?

  =第24回= 2004年 
   東大はまた変わる!これからはこういう学生を求めていく!

  =第23回= 2004年 
   2005年高校入試 変更点中間まとめ

  =第22回= 2004年 
   応募者56名から1922名への飛躍―横浜女学院のケース

  =第21回= 2004年 
   大きく変貌する 大学・大学入試の現在・未来を解き明かす

  =第20回= 2004年 
   中学入試 保護者のことは保護者に聞け!

  =第19回= 2004年 
   高校入試 受験生は何を基準に学校を選んだか

  =第18回= 2004年 
   都立中高一貫校「開校シミュレーション」

  =第17回= 2003年 
   「偏差値50以下」の入試はどう行われたのか?

  =第16回= 2003年 
   「偏差値50以下」の入試はどう動くか?

  =第15回= 2003年 
   都立中高一貫校 入学者決定方法と私学への影響

  =第14回= 2003年 
   「理系進学」は本当に大丈夫なのか?

  =第13回= 2003年 
   来春高校入試 変更点中間まとめ

  =第12回= 2003年 
   私立推薦基準…どう決め、いかに運用すべきか

  =第11回= 2003年
   広報が私学の命運を決める!

  =第10回= 2003年 
   今春の入試結果から 今後の大学入試の動向を予測する

  =第9回= 2003年
   中学入試 保護者が語る 私学の対応「○」と「×」

  =第8回= 2003年 
   学区全廃・絶対評価 高校入試に何が起こったか

  =第7回= 2002年 
   中学入試分析「偏差値50以下」の入試はどう動いたか

  =第6回= 2002年 
   学区全廃で都立志望者はどう動いたか

  =第5回= 2002年 
   「Vもぎ」結果分析&「自己PRカード」記入の指導法

  =第4回= 2002年 
   私立推薦入試―絶対評価の内申にどう対応したらよいか

  =第3回= 2002年 
   都立中高一貫校は私学にどう影響するか

  =第2回= 2002年 
   絶対評価、推薦基準、自己PRカード

  =第1回= 2002年 
   都立高校改革、その可能性と限界